新川優愛と淵上泰史のキスシーンに反響「めっちゃスマート」「大人のキス」『星屑リベンジャーズ』#6 – めるも

AbemaTVにて8月27日(月)よる11時より、オリジナルドラマ 『星屑リベンジャーズ』#6 が放送され、新川優愛と淵上泰史のキスシーンに注目が集まっている。  本作品は、“夢”と“セルフプロデュース”をテーマに、新川優愛演じる主人公・楠木春が全てを失いながらも男性アイドルグループ5人組をプロデュースし、芸能界をのし上がっていく様子を描く痛快サクセスストーリー。人気インスタグラマーとしてきらびやかな毎日を送っていた楠本春(新川優愛)は、自身の誕生日に詐欺にあい、借金まみれの事務所をプレゼントされて人生のどん底に。お金も、頼る人もいなくなってしまった春のもとに唯一残されたのは、春の事務所に所属する男性5人組グループTRANSITIONだった。一時ブレイクしたものの、前事務所からの圧力で売れなくなってしまったTRANSITION。春は、彼らと共に灰色の世界から這い上がることを決意する。様々な壁を乗り越え、前に進んできた春だったが、せっかくの再デビューイベントがまたもや渡長プロダクションの圧力により破綻。さすがの春も大きく落ち込んでいた。春は、「いくらでも次の手はある」と強がりながら牧野社長に電話するが、優しく受け止める牧野に「少しだけくじけてしまいそうです…」と弱音を吐く。  そんな春の目の前に、電話をしていたはずの牧野が。「弱いところに付け入って、君に好かれようと思って」と冗談交じりに口説く牧野。そして、「頑張ってたよ」と一言。  優しい言葉に春は、これまでこらえていた涙が思わず溢れてしまう。牧野は春の涙をぬぐいながら優しくキス。スマートな対応を見せた。そんな2人の大人なキスシーンには、「牧野社長めっちゃスマート」「キスの仕方イケメン」「2人お似合い!」「付き合ってるやん!」など視聴者からコメントが寄せられた。 (c)AbemaTV▶︎【無料配信中】星屑リベンジャーズ